乾癬 治療

【尋常性乾癬】病院治療で治すのはムリ/乾癬を克服した男のブログ

実は20年悩んだ乾癬をたった3ヶ月で治したのは●●と判明…

「うわっ!ゾンビw」

 

 

エスカレーターで見知らぬ子供にゾンビと言われてしまいました。

 

乾癬になって20年…今では頭からつま先まで正常な皮膚を探すのが難しいくらいの体になってしまいました。

 

なので外出時は帽子、サングラス、マスクの3点セットは欠かせません。
そして耳の乾癬を隠すための長髪…散髪は自分でしてるのでひどい髪型です。

 

子供は残酷なまでに正直です。その異様な姿がゾンビに見えたのでしょう。

 

おわかりだとは思いますが乾癬って何をやっても全然治らないのです。
最強クラスのステロイドもバケツ10杯分くらいは使いましたし、最後の望みの生物学的製剤も使用しました…で、その結果がコレです↓↓↓

 

顔の皮膚がベロベロと剥がれて止まらないのです↓↓↓

 

医者からはこう言われました…「もう試すクスリはありません。」
…今は生き続けることが怖いです。

 

 

1年後の僕は一体どうなっているのだろう…それを考えると恐怖と不安で押しつぶされそうになります

 

 

そんな僕が、たった3ヶ月、●●をしただけで、20年悩んだ乾癬がゴッソリ消え去った方法についてお話したいと思います。

 

あなたが忙しいのはわかっていますが3分だけ時間をとって僕の話を聞いてください。
決して後悔はしないはずです…

 

 

僕がその方法を知ったのは、とある乾癬患者の会がきっかけです。
その中で1人だけみるみる綺麗になっていく方がいました。

 

僕はその方から、和田広幸という人を紹介してもらいました。

※現在和田さんは乾癬患者のサポート会社を運営されています。乾癬克服サポート⇒詳細

 

なんでも、彼は独自の方法で、早ければ数週間以内で多くの乾癬患者を改善させているそうです。
↓↓↓


35歳男性/1ヶ月

 


19歳女性/3週間

 


26歳男性/5ヶ月

 


41歳男性/2ヶ月

 

 

彼の方法は本当に簡単で、お金がかかりません

 

自宅でできる方法なので仕事や学校があっても大丈夫。

 

もちろん医者やステロイドに頼る方法ではありません。
なので、副作用にビクビクすることもなく、安全に改善することができるのです。

 

 

そんな和田さんの噂を聞いて、彼のネットセミナーに参加してみたんです。
そしてその内容をそのまま実行すると…

↓↓↓


たった3ヶ月で20年悩んだ乾癬が消え去ったんです!

 

乾癬歴20年の僕がたった3ヶ月です。ほんと、あっという間でした\(^▽^)/

 

では僕が和田さんから聞いたノウハウとはなんだったのでしょうか?

 

↓↓↓

 

それは乳酸菌による腸内環境の改善です。

 

和田さんが言うには、特定の乳酸菌を毎日摂取すると、腸内の免疫細胞の働きを正常化させる効果があるそうです。
これが乾癬改善の重要ポイント。

 

 

乾癬は暴走した免疫細胞があなたの正常な皮膚を攻撃する病気であることはご存知ですよね。
では、あなたは人間の免疫細胞の70%が腸に集中していることをご存知でしょうか?

 

 

そうなんです!皮膚と腸は深く関係しているのです。
※その証拠に、暴飲暴食の翌日にニキビができたり、便秘がちの人は肌が荒れたりしますよね。

 

腸はどれだけ酷使されても自覚症状が出ない臓器です。
あなたの腸は、動物性脂肪や炭水化物過多の偏った食生活、食品添加物、トランス脂肪酸、アルコールなどの影響でボロボロに汚染されているのです。

 

汚染された腸↓↓↓

 

 

最初の1ヶ月でかゆみが激減します。そして次に…

 

乳酸菌を摂取するとあなたの体内でこんな変化が起きます

 

死ぬほど痒かったチクチクとしたかゆみが消滅します(約1ヶ月)

(乳酸菌が腸内環境を改善)

↓↓↓

次に皮膚炎の白く盛り上がった分厚い皮膚が消滅します(約1ヶ月)

(腸内の免疫細胞が正常化)

↓↓↓

最後に皮膚炎の赤味が消滅します(約1ヶ月で一気に消滅

 

僕みたいな全身乾癬状態でも3ヶ月ほどで改善できました。

 

↓↓↓症状が軽い人なら2週間とか。


12歳男性/2週間

 

これが和田さんが提唱する乾癬治療法の基本です。とっても簡単でしょ♪

 

 

間違った乳酸菌を摂取すると乾癬が全然治らないことが判明…

 

乳酸菌って400種類もあるんです。
この中で和田さんがおすすめするのはクレモリス菌という乳酸菌。

 

どの乳酸菌にも、多かれ少なかれ、免疫改善効果はあるのですが、クレモリス菌はその効果がケタ違いなんです。

なぜなら…

 

乳酸菌の「ねばり成分=菌体外多糖(EPS)」が乾癬に良い

まずはこちらをご覧下さい↓

 

腸内環境の改善が乾癬に良い科学的根拠

乳酸菌が作り出す「ねばり成分=菌体外多糖(EPS)」が、乾癬の症状を緩和する効果があることを実証(日東薬品工業)

 

クレモリスが乾癬に良いのは、この菌体外多糖(EPS)を大量に作り出すことができるからです↓↓↓

クレモリス乳酸菌のねばり成分

 

クレモリス菌はカスピ海ヨーグルトに含まれています。しかし乾癬に乳製品は最悪です。安全なのがサプリでの補給です。↓↓↓

 

クレモリス菌のサプリメント

 

3~4ヶ月が改善の目安です。定期購入にすれば50%オフになるのでオススメ!

 

 

↓↓↓ちょっと難しいですが、実験データも載せておきます。

 

乳酸菌の乾癬改善効果 実験データ
乳酸菌の多糖(EPS)が免疫細胞の働きを正常化させ、乾癬を改善させる効果があることを確認(2015年日本農芸化学会)

 

 

世界最速!乳酸菌を飲んで乾癬を治すコツ

 

簡単です。このクレモリス菌を毎朝飲み続けるだけでOKです。
毎日、継続して飲むことが重要なので乾癬が完全に消滅するまで、最低3、4ヶ月は続けて下さい。

 

これだけの話を聞くと、あなたも和田さんのネットセミナーに参加したいと思ったかもしれません。
でも、残念ながらその予定は今のところありません。

セミナー予定⇒こちらから確認できます

 

しかし、セミナーで和田さんが推奨するクレモリス菌を大量に摂れるサプリは入手可能です。

 

善玉菌のチカラEXというサプリです。一応、入手先は下です↓↓↓

 

3~4ヶ月が改善の目安です。定期購入にすれば50%オフになるのでオススメ!

 

 

今ならキャンペーン中なので最初の1袋目50%引き&2袋目からもずっと30%割引です。

 

乾癬を治すには3~4袋が目安です。※仮に定価で4袋購入すると、4750円も損する計算になります。

 

ちなみに、和田さんがネットセミナーで紹介すると注文殺到で品薄になります(毎回恒例です笑)早いうちに申し込んでくださいね。

 

 

※クリックしても公式サイトに飛ばないときは、残念ですが欠品です

 

 

実践中の人の感想です↓↓↓

 

 

3ヵ月後、乾癬が治るあなたへ

 

あなたの目的は、乾癬の改善そのものではないと思います。乾癬が治ったらやりたいことが沢山ある…だからチャレンジするのではないでしょうか?

 

「恋愛に積極的になって素敵な恋人ができた!」

 

「念願の風俗デビュー!笑」

 

「この夏は家族と海水浴にいくぞ!」

 

「おしゃれな服が似合うようになった!」

 

「人前でも自信が持てるようになった!」

 

あなたが本気なら、僕は全力であなたの乾癬克服をサポートします!
相談・質問はこのページ一番下のコメント欄からどうぞ(^^)

 

 

乾癬を自力で治す方法。しかも薬を使わずに!全部あなたに教えます!


20年悩み続けた乾癬がたった3ヶ月で良くなった2つの方法

その1.乳酸菌で治す!

はじめまして!サイト管理人のマコトと申します。

3年前、僕が乳酸菌を試してみようと思ったのはアトピーに関するこの新聞記事がきっかけです。

 

 

乾癬とアトピーの発症原因は同じ!と、いうことは…

 

 

「えっ?アトピー?乾癬と関係ないですよね…」こう思う人もいると思いますが、実は、乾癬とアトピーの発症原因は同じなんです。そういえば見た目の症状も似ていますよね。

 

原因を詳しく言うと、免疫細胞からTNFα(サイトカイン)というたんぱく質が過剰に分泌され、それが自分の正常な細胞を攻撃して皮膚炎になるのです。まあ、こんなことは知らなくても構いませんが(笑)

 

前述の和田さんもセミナーで良く似たことを言っていましたので、「アトピーに効果があるなら、乾癬にも効果があるはず…」←こう思った僕は早速、食事改善(後述)とあわせて、乳酸菌を試してみたのです。

 

結果は大当たりでした!20年間、なにをやっても消えなかったしつこい乾癬がたったの3ヶ月で完全に消滅です!

 

とうとう僕は答えを見つけたのです!

 

あ、でも勘違いしないで下さいね。乾癬を良くするためには正しい乳酸菌の摂り方があるんです。それを今からお話しますね。

 

 

乾癬にヨーグルトがいいって聞いたことありませんか?

乳酸菌といえばヨーグルトですよね。乾癬にヨーグルトがいいって聞いたことありませんか?

 

でもネットで色々調べると、「乳製品は乾癬に悪い。だからヨーグルトも乾癬に悪い。」という人もいますよね?

いったい、どっちが本当なのか・・・?

 

ヨーグルトを食べるべきか迷っている人も多いと思うんですが、結論から言うと…

 

乾癬患者がヨーグルトを食べ続けると乳脂肪の摂り過ぎで悪化します。個人的には食べるべきではないと思います。

 

わざわざリスクをおかしてヨーグルトを食べなくても、もっと即効性があって安全な乾癬治療方法がありますので。詳しくお話しますね。

 

ヨーグルトが乾癬に効くと誤解される理由

なぜヨーグルトが乾癬に効くと誤解されるのでしょうか?。それはヨーグルトに乳酸菌が含まれているからですね。

 

乳酸菌が乾癬に効果があるのは間違いありません。乳酸菌を毎日摂取すると以下のような経過を辿ります。

 

乳酸菌が腸内環境を改善する

腸管免疫のバランスが改善する

乾癬が改善する
という流れです。

 

ご存知ですか?腸というのは、人間の免疫細胞の7割が集中する体内最大の免疫器官です。

 

小腸の内側はパイエル板というリンパ球が集合した免疫組織に覆われています。これが全身の免疫を活性化させる重要な役割を果たしているのです。

 

パイエル板と免疫

http://www.calbee.co.jp/rdde/library/academic_meeting_report_28.htmlより引用

 

腸管免疫について

http://www.kenkoweb.jp/nyusankin_3.htmlより引用

 

腸内細菌(善玉菌、悪玉菌)のバランスが長期間にわたって崩れると、常に腸内で生ゴミが腐っているような状態になるんです。

 

その結果、アンモニアやアミン(←猛毒です)などの毒性ガスが大量に発生し、これに反応した腸管免疫のバランスが崩れるので免疫性の病気である乾癬やアトピー、アレルギー性鼻炎などが悪化しやすくなるのです。

 

 

ん?じゃあ、ヨーグルトって乾癬にいいんだよね?

それがダメなんです。それには理由が3つあります。

 

明治ブルガリアヨーグルト

 

ヨーグルトがダメな理由1.ヨーグルトの乳酸菌では数が少なすぎるから

ヨーグルトと言えば誰もがコレを思い浮かべますよね。「明治ブルガリアヨーグルト」。例えば、これに含まれるLB81乳酸菌は腸内環境の改善に有効です。但し、毎日440g以上食べればの話ですが・・・

 

そうなんです・・・ヨーグルトでは乳酸菌の数が少なすぎるのです
毎日440gも食べれますか?写真の商品で450g入りなのでコレを毎日ほぼ1個食べる勢いです。

毎日食べるとなると費用もバカにならないし、乳脂肪とカロリーも気になります・・・無理ですよね。

 

ヨーグルトがダメな理由2.日本人の腸は乳製品の分解が苦手だから

日本人は元々乳製品を食する習慣がなかった人種です。古代のDNAは今も受け継がれています。日本人の腸は乳製品に含まれるたんぱく質を分解するのが苦手なのです。
ヨーグルトは腸を健康にするイメージがありますが日本人にとっては腸を疲れさせてしまう食品なのです。

 

ちなみに、日本人は乳酸菌をどこから摂取していたのか?それは、味噌や醤油、漬物などの発酵食品ですね。

 

ヨーグルトがダメな理由3.ヨーグルトは「遅延型食物アレルギー」の原因物質だから

遅延型アレルギーの原因物質

日本ではヨーグルト(=乳)は卵に次いで2番目の「遅延型食物アレルギー」の原因物質です。遅延型食物アレルギーというのは食べてから数日後にアレルギー症状が出ることをいいます。

 

これの怖いところは継続して食べると発症確率が急激に上昇することです。しかも、乾癬患者は元々免疫バランスに問題があるため発症確率はさらに上昇します。

 

もし、発症すれば乾癬は間違いなく悪化するでしょう。
さらに困ったことに発症するまでに時間差があるため、本人もヨーグルトが原因だと思いもよらないのです。

 

乳製品じゃなくても乳酸菌を大量に摂れるものって?

僕が利用したのは「乳酸菌サプリメント」です。

 

乳酸菌の種類は400種以上もあってそれぞれ効果が異なります。適当に選んでもお金と時間の無駄なので下の表を参考にすると良いでしょう。

 

乳酸菌種類別の効果一覧表

 

必ずセットで摂っておきたい乳酸菌が、「クレモリス菌」と「ビフィズス菌ロンガム」の2つです。この2つは外せないですね。

 

特に「クレモリス菌」は、乾癬改善効果のある「ねばり成分=菌体外多糖(EPS)」を腸内で大量に作り出してくれます。

 

このクレモリス菌と仲良しなのがビフィズス菌ロンガムです。数ある善玉菌のなかでもダントツの腸管バリア機能で腸壁を毒素から守り、便として毒素を効果的に排出⇒免疫改善効果をサポートします。

 

「クレモリス菌」がなぜ乾癬に良いのか

http://www.hj-mbc.jp/mbc_news/img/mbc_n159_omote.pdfより引用

 

クレモリス菌」の良いところは、「ねばり成分=菌体外多糖(EPS)」のおかげで小腸のパイエル板(免疫細胞の集合体)まで生きたまま届けられる性質をもっていることです。

 

クレモリス菌はパイエル板に住んでいる免疫担当細胞に直接働きかけ、皮膚炎の原因物質である「TNFα(サイトカイン)」の正常な分泌を促すのです。

 

薬を使わずに乾癬を根本から治す方法

 

乾癬は免疫機能がおかしくなってTNFα(サイトカイン)というたんぱく質が免疫細胞から過剰に分泌される病気です。

 

本当は、TNFαは病原菌やガン細胞を退治してくれる頼りになるヤツ(笑)なんです。でも、これがたくさん分泌されると、自分自身の正常な細胞まで攻撃してしまいます。

 

その結果、皮膚炎や関節炎を発症するのです。

 

ヒュミラなどの生物学的製剤はこのTNFαの過剰分泌を薬の力で無理やり抑えこむだけで、免疫機能が改善されるわけではありません。なので薬をやめれば乾癬だらけの体に逆戻りです。

 

僕みたいに乾癬を根本から治したいなら、最初に「クレモリス菌」と「ビフィズス菌ロンガム」で免疫機能を正常化させる→その結果、TNFαの分泌を正常化させるという流れが必要です。

 

 

この「クレモリス菌」と「ビフィズス菌ロンガム」を同時に摂取できるサプリメントが、「善玉菌のチカラEX」です。

 

 

こんな感じでカプセルになっています。これを毎朝1粒飲めば適正量です。これなら朝の出勤前のバタバタしてるときでも5秒で摂取できますね。

これを皮膚炎が消え去るまで根気よく飲み続けるのが最短で乾癬を治すコツ。(3~4ヶ月が目安)

 

善玉菌のチカラEX」が乾癬に良いのにはもうひとつ理由があるんです。

 

それは、原材料に「植物油脂」が入っていないことなんです♪
ご存知でしたか?乾癬に植物油脂は最悪なんですヨ。

 

乳酸菌サプリとして有名な「アレルケアL92」とか「ビフィーナS」などは植物油脂が含有されてるので要注意です!

 

3~4ヶ月が改善の目安です。定期購入にすれば50%オフになるのでオススメ!

 

善玉菌のチカラEXの公式サイトはこちら

 

もちろん科学的根拠もあります(乳酸菌が免疫系の病気を改善)

例えば・・・

 

腸内環境の改善が乾癬に良い科学的根拠1

1.乳酸菌が免疫細胞の働きを正常化させ、アレルギー症状を改善させる効果があることを確認(第1回食品免疫学会)

 


 

腸内環境の改善が乾癬に良い科学的根拠2

2.乳酸菌が、乾癬の症状を緩和する効果があることを実証(日東薬品工業)

 


 

腸内環境の改善が乾癬に良い科学的根拠3

3.アレルギー性鼻炎患者に乳酸菌を8週間投与した結果、症状の改善効果を確認(キッコーマン)

 


 

腸内環境の改善が乾癬に良い科学的根拠4

4.アトピー患者の腸内細菌数を調査した結果、乳酸菌が健常者より4割も少ないことが判明(アトポス)

 

などなど・・・・挙げればキリがないです。

 

 

今なら初回50%引きのお試し希望者を募集中☆

 

この善玉菌のチカラEX、通常価格は4700円もするサプリなので効果はすごいです♪

 

でも、本当に効果があるのか心配な人のために、今なら初回50%引き(送料無料)のお試し希望者を募集中です。しかもその後もずっと30%引きで購入できる特典付きです!

 

このキャンペーンを逃して定価で購入すると、初月で2350円の損。その後も毎月800円も損することになります。

 

僕が20年悩み続けた乾癬をたった3ヶ月で、しかも自力で寛解させた乳酸菌を試してみたいなら、キャンペーン用在庫がなくなる前に今すぐ緑のボタンを押してくださいね。

 

3~4ヶ月が改善の目安です。定期購入にすれば50%オフ!

 

尋常性乾癬はこんな感じでキレイになっていくのです

 

今現在、このサイトに記した方法を愚直に実行することによって、僕は乾癬の症状を自分の意思で完全にコントロールできるようになりました。

 

乾癬をワザと出現させることもできますし、その乾癬を消滅させることもできます。(信じられないかもしれませんがホントですヨ!)

 

と、いっても乾癬が一向に良くならない人たちにとっては、それがどういうコトなのかがイメージできないハズです。 なので意図的に乾癬をつくって、それが良化する過程を写真に収めてみました。

 

実験方法

1週間、肉類や油モノ、白米を好きなだけ食べて食べて幸せな気分(笑)を存分に味わう→乾癬がどっさり現れる→元の食生活&乳酸菌摂取に戻す→乾癬が消えていく 以上です。

 

幸せな気分を味わいすぎて、予想以上の大きな乾癬が出現してアセりましたが、やっぱり乾癬は消滅していきます。 乾癬が現れるときも消えるときも、徐々に・・・というよりも、なにかスイッチが入ったように急激に現れ、消えます。 (正しい食生活&乳酸菌療法に戻してもしばらくはヒドいままなのですが、ある日を境に急激に消滅します)

 

ここで重要なことにお気づきでしょうか? 1週間、肉類や油モノ、白米をたくさん食べるだけでこんなに大きな乾癬が出現するのです。乾癬と食事は密接に関係している証拠です。

 

右足膝関節の内側の尋常性乾癬が消えていく過程(撮影期間7週間)

薬なんか使わなくても乾癬は消滅するんです!

 

右足膝関節の尋常性乾癬1日目右足膝関節の尋常性乾癬35日目右足膝関節の尋常性乾癬49日目

 

右足ふくらはぎの尋常性乾癬が消えていく過程(撮影期間7週間)

右足ふくらはぎの尋常性乾癬1日目右足ふくらはぎの尋常性乾癬35日目右足ふくらはぎの尋常性乾癬49日目

 

その2.食事改善で治す!

乾癬の食事療法との出会いは当時、日課となっていた乾癬に関するネットサーフィンがきっかけでした。
 
とある医師(皮膚科医ではないです)のブログで「乾癬に糖尿病治療に用いる糖質制限食が有効」という記述を発見。ドボネックスを併用しながら、とりあえず毎日3食摂っていた白米を夕食のみにしたところ3週間ほどでわずかですが見た目がマシ(笑)になっているのを実感。
 
このとき僕は確信しました。「乾癬を悪化させる原因は食事だ」と!
 
さらには、この頃、入手した乾癬治療マニュアルhttp://koku-huku.com/(元乾癬患者で自力で乾癬を寛解させた和田広幸氏の著書です。現在は乾癬患者のサポートサイトを運営されています。)にも僕の考えと合致する部分が多々あり、医者に頼らない乾癬治療に挑戦することを決意しました。そしてその日から皮膚にドボネックスを塗ることを止め、食事改善と乳酸菌の摂取をはじめました。
 
以下、僕が乾癬を寛解(かんかい)させた方法を失敗談も含めて全てを記そうと思います。もうこれ以上、クスリ漬けにされたくない人、チャレンジする価値は絶対にあります。
 
※寛解(かんかい)とは:病気が完治せずとも症状が好転し良好な状態が保たれること
 
(個人的には乾癬が完治することはないと思っています。生活に支障のないレベルに症状を抑え、その状態を永く保つ(=生活の質を向上させる)ことが現実的な乾癬の付き合い方であると感じています。
莫大な出費&副作用の恐怖と引き換えにヒュミラやレミケードなどで乾癬が消え去ったという人は間違いなくそれを止めればそのうち乾癬が戻ってくると感じています。アンテベートもそうでした・・・ドボネックスもそうでした・・・乾癬は薬で治す病気ではないということです。)

 

僕が乾癬を克服した方法(失敗談もあります)

 

まず、最初にいっておきますが・・・乾癬を克服するには強い意志が必要ということです。最低3ヶ月は継続しないと効果は実感できないと思います。
 
僕の場合、最初の1ヶ月でかゆみが消えました。そして2ヶ月目で白く分厚いかさぶた状の皮膚が薄くなり、3ヶ月目で皮膚の赤味が消えてしまいました。

 

あともうひとつ。当然ですが、僕は医者ではありません。僕は自分の乾癬を完全にコントロールする方法を身につけた乾癬患者です。乾癬克服に挑戦する場合はあくまで自己責任で行ってくださいね。

 

毎日の生活で心がけたこと。いちばん大切なこと。

 

↓和田さんが運営する乾癬克服サポート↓

乾癬克服ノウハウ基本的には前項で触れた元乾癬患者の和田さんが提唱されている「自力で治す乾癬治療ノウハウ」に従って生活していました。少々値が張りますが、お財布に余裕がある人は購入するのが良いでしょう。価格は9,800円!高すぎでしょコレ←1か月分の病院代くらいです(笑)

 

和田さんのご協力により当サイトで「自力で治す乾癬治療ノウハウ」が50%オフ(9800円→4900円)で申し込めるクーポンコードを配布することが決定しました。

 

当サイトから申し込んだ人には特典として12000円相当の乾癬克服セミナーに無料招待してもらえます。特典は72時間限定です。明日まで迷っていてもOKですし、善は急げで思い切って申し込んでみてもいいと思います。

 

「72時間限定とか言いながらほんとは関係ないんじゃないの~」って思ってる方!ホントに期間限定です(笑)

 


「自力で治す乾癬治療マニュアル」50%オフクーポン

 

クーポンコードの使い方

下のリンク先ページでお申込みボタンの上にあるクーポンコード欄に半角英数字で gentei100 と入力すると50%オフで申し込みできます。

 

≫僕がお手本にした「自力で治す乾癬治療マニュアル」を50%オフで申し込む←クリック≪

 

マニュアル申込後の流れ

マニュアル申込後、和田さんからメールが送られてきます。
注意:申込時にパソコンからのメールを受信できるメールアドレスが必要です

 

クレジットカード利用の方はこんなメールがすぐ届きます↓

 

クレジットカード利用メール

 

このメールにマニュアルが見れる会員限定サイトのURLが記載されているので、申込後すぐにマニュアルを見ることができます。

 

銀行振込利用の場合は振込先口座のお知らせメールがすぐに届きます。

こんなメールです↓

振込先口座のお知らせメール

 

入金後24時間以内に会員限定サイトのURLが記載されたメールが届きます。

 

会員限定サイトのURLが記載されたメール

 

 

昔の僕みたいに病院に行っても治らない人なら試す価値はあると思います。考え方によっては病院代1回分以下の金額で乾癬が消えるのならとても安い買物ですよね。

 

このサイトは和田さんのご協力を得て、「自力で治す乾癬治療ノウハウ」の一部を転載し、構成しています。よって、このサイトは和田さんの乾癬治療ノウハウのお試し版といった内容に仕上がっています♪

 

こちらの和田さんの動画も勉強になります【あなたの乾癬が治らない理由】

 

乾癬克服サポート連絡先

乾癬克服サポート電話番号、メールアドレス

乾癬克服サポート申込

 

迷っている方はずっと迷っていてもいいですし、思い切って購入してもいいと思います。ただ、それより先に購入すべき「乾癬克服のための最重要アイテム」があります。

 

コレです→乳酸菌サプリメントは腸内リセットを行うときに必ず使う物なので入手してくださいね。
「ノウハウを申し込んだら乳酸菌サプリを買うお金がなくなっちゃったー」っていうのだけは絶対に避けるべきです。

 

尚、和田さんのご好意により乾癬克服無料メール講座を配信していただくことが決定しました。こちらから今すぐ配信手続きをして下さい。こちらでも「自力で治す乾癬治療マニュアル」50%オフクーポンを配布しています♪

 

乾癬克服ノウハウメルマガ申込

 

僕が和田さんのマニュアルから取り入れ、効果を最も実感した項目を挙げておきます。
それは・・・
 
日々の生活習慣の改善、
特に腸内環境の正常化と食事の摂り方

 
地味ですよね・・・笑。地味ですが乾癬の克服はこれが最重要だと僕は確信しています。ステロイドのような薬は不要です。腸を健康にするだけで乾癬の症状は好転します。医者は絶対否定すると思いますが(笑)、現に僕が寛解しているのですから!

 

↓↓乾癬と腸の関係はこちらで詳しく解説しています↓↓
乾癬の概念・・・乾癬と腸内環境の密接な関係を理解する     

「食事療法ならとっくに試したよ・・・」と、いう方。本気でやりましたか?何ヶ月続けましたか?やり方が間違っているのではないですか?

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2772.html
↑こちらの記事をご覧下さい。これでもあなたは食事と乾癬の因果関係を否定できますか?
あなたも正しい食事をマスターし、腸内環境の正常化に挑戦してください。

    

 

 

僕、20年間乾癬で悩んでいました。乾癬を克服した今の僕はこんな感じ

 

乾癬全身の写真
いきなり見苦しい写真でごめんなさい。僕の乾癬は冬にほんの少し赤くなり夏は完全に消え失せます。
 
この写真を撮ったのは2014年1月8日ですので1年を通して一番ヒドい時期でこんな感じですね。ヒジ、ひざ小僧にほんの少し赤みがありますが鱗屑はありません。温泉などに行っても僕の体をジロジロ見るような人は皆無です。
 
ステロイド治療に頼っていた頃は全身の8割以上が乾癬という悲惨な状況でした。

 

特に顔の乾癬がひどく、顔面のほとんどが白く粉をふいたような乾癬に覆われていました。また、胸や腹、背中にも乾癬が世界地図のように大きく広がっていたのを今でも覚えています。

 
僕のサイトにたどり着いたあなたはきっと乾癬で悩んでおられますよね?
 
もし、そうなら、あなたはネットで乾癬関連のサイトを隅々までチェックしているはずです。皮膚に薬を塗って(あるいは薬を飲んだり点滴などで)乾癬を克服したという人はいなかったのではないでしょうか?

 

※注釈:ステロイド軟膏や免疫抑制剤、生物学的製剤で乾癬が完治したという人はネットで検索すればたくさん出て来ます。彼らは「乾癬が消え去った=完治した」と勘違いしているだけです。その証拠に、薬をやめたとたん再発する人もネットで検索すれば山のように出て来ますよね。
 
そう・・・彼らは乾癬を克服できていないのですよ。
 
あなたもきっと、ステロイド剤やビタミンD3製剤などの薬を何年間も皮膚に塗り続けているのではないでしょうか?(そして一向に治る気配がないはずです)もしかして、ステラーラやレミケードなんかを検討されている段階かもしれませんね。

 

ステロイドも大量に使いました

 

僕が使っていた薬 アンテベート、デルモベート、ドボネックス、ボンアルファ僕もかれこれ20年近く、デルモベート、アンテベート等のステロイドからドボネックス、ボンアルファまで全身に塗りつづけて結局なにひとつ改善せず(むしろ悪化)、最後の手段の生物学的製剤も全くの無意味でした。
ついには全身が乾癬という状態で長年勤めてきた会社を退職するかどうかのところまでテンパった状態でした。
 
この頃の僕は乾癬のあまりのヒドさに皮膚科で医者に見せることすらイヤになり仕事以外は完全に引きこもりでした。当然、薬は底をつき、大量にある使い古しのドボネックスのチューブから必死で中身を搾り出して皮膚に塗っていた記憶があります。

 

当時、僕はステロイドの怖さを身にしみて感じていましたので、副作用が少ない(・・・と医者に言われた)ドボネックスとボンアルファだけが頼みの綱でした。(当然、症状は一向に改善されませんでしたが・・・いや、ドボネックスは塗って2ヶ月位までは見た目がマシになりましたが・・・)
 
この頃になると、乾癬は薬で良くなる病気ではないと確信していたので、皮膚科医の言う治療法はホント信用していませんでしたね。

 

 

あなたも、うすうす勘付いているのではないでしょうか?
乾癬は薬では治らない。・・・と。

 

 

僕が実践したこと・・・・半分、人体実験(笑)

日々の生活はマニュアルの内容に従いつつも、その他ネットで拾ってきた情報を元に独自で実験したことを記します。(全て自分の身をもって試しました)効果のあったコト、失敗したコト全てをぶっちゃけます。

体の内面を改善するために行ったこと

糖質制限 【オススメ♪】
白米、精白された小麦粉、精白された砂糖(つまりは白色の穀物)を主とする食べ物を一切摂らないようにしました。具体的には白米、パン類、麺類、菓子・ケーキ類です。

 

白米の代わりに発芽玄米を食べてました。ファンケルの発芽米は白米みたいにふっくら炊き上がるので玄米のシャリシャリ感が苦手な人でも結構イケると思います♪甘いものが食べたくなったときは主に果物です。僕はバナナ・キウイ・パイナップルを好んで摂っていました。全粒粉パンに黒砂糖やはちみつを塗って食べたりもしました。

 

お茶・コーヒー・ジュース・牛乳・お酒を封印・・・というか水しか飲まない 【オススメ♪】
僕は濃いお茶が大好きだったのですが、これが体に悪さを働いていたような気がします(飲むたびになんか体が痒くなっていた気がします)。

 

飲み物はミネラルウォーターだけを毎日2リットル位飲んでました。近所のスーパーで2リットル78円なので缶コーヒよりも安いです♪

 

乳酸菌サプリメントで腸を元気に! 【オススメ♪】

 

不健康な腸(下痢や便秘)は腸壁に毒素を蓄積させ、これが免疫細胞の暴走を引き起こし、その結果、乾癬となって皮膚に現れるんです。詳しくはこちら

 

以前の僕は頻繁に下痢をしていたのですが、食事改善とあわせて乳酸菌サプリメントを1ヶ月ほど続けて毎朝健康な便がスルスルっと出るようになってからチクチクと体を刺すような耐え難い痒みが激減し、3ヶ月過ぎる頃にアッサリ寛解しました。

 

愛用のサプリは善玉菌のチカラEXです。これって原材料に植物油脂(←乾癬に最悪)が含まれてないし、コスパに優れてるんですよね♪
(おすすめアイテムの購入先一覧をページ最下段に掲載しておきます)

 

出社前にレモンジュースをコップ1杯! 【オススメ♪】
有機レモン果汁100%レモン果汁を水で4倍に薄めて(超酸っぱいです)一気飲みです。

 

乾癬治療には体をアルカリ性に保つことが有効だそうです。「レモンって酸性食品でしょ!」って思っている人・・・間違ってますよレモンはアルカリ性食品の優等生です。

 

レモンなら皮膚の正しい生成に必要なビタミンCも摂れて一石二鳥です。今でも毎朝飲んでます。愛用のレモン果汁は青葉貿易かケンコーオーガニックフーズの有機レモン果汁です。

 

牛肉・豚肉を封印 【オススメ♪】
ネット調査では豚肉は大丈夫らしいですが、僕は魚か鳥肉を摂っていました。

 

揚げ物・炒め物を封印 【オススメ♪】
調理法は煮る・焼く・蒸すのいずれかで頑張って食事を作りました。焼くときに油が必要な場合、オリーブ油を使っていました。

 

体が痒くなる食べ物を封印 【オススメ♪】
食事を摂って2時間ほどで体が痒く(チクチクする痒みです)なったことないですか?食事が原因のことが多い気がします。こんな食べ物は除外すべきですね。

 

僕の場合、香辛料、焼肉のタレ、焼き鳥のタレ、トマト、トマトケチャップ、バター、マーガリンは避けていました。

 

参考までに・・・3食何を食べていたか?
こんなに色々制限したら食べるものなくなっちゃうでしょ!って思っている人・・・そうです。なくなるんです(笑) 食べるものは3ヶ月間ほぼ1パターンです。ちなみに夕食だけは腹一杯食べていました。 (3ヶ月で10kg痩せました♪75kg→65kg)

 

朝食 バナナ1本
昼食 鮭缶詰1缶、さば缶詰1缶、コンビニサラダ、果物
夕食(豪華に2パターン笑) その1:発芽玄米、魚料理、みそ汁、野菜サラダ大量

その2:発芽玄米、鳥料理、みそ汁、野菜サラダ大量

デザートは果物(キウイ2コが最高の幸せ)

 

※青魚(さば、いわし、あじ等)の摂取は乾癬治療においては賛否両論あるようですが僕はたくさん食べていました。
サラダのドレッシングはオリーブオイルや醤油などを使って手作りです。

 

乾癬克服中に僕がよく食べていたもの愛用の鮭缶、つみれ、がんもどきです。味噌汁の具として使うと調理も簡単です。今でもよく食べてます。「この3つを世界で一番食べているのは僕!」と言い切れる自信があります(笑)

今思ったんですが、がんもどきって揚げ物ですよね?食べない方がいいかもしれません!

皮膚の見た目を改善するために行ったこと(失敗談つき)

念のために言っておきますが、日々の生活習慣を変えずにこれだけやっても無駄ですので。

 

乾癬部にワセリンを塗布 【オススメ♪】
ワセリン朝の出社前と夜のお風呂あとにワセリンを塗るだけです。可能ならもっとこまめに塗った方がいいです。もちろん薬は塗りません。

 

ドボネックスを止めたことが乾癬を寛解できた一因であったと考えています。 薬に比べて圧倒的に安価ですので量を気にせず使うことができます。コレを塗ることによって延々と降り注ぐ落屑を大幅に減らすことができました。

 

色々試しましたが大洋製薬の白色ワセリンがしっとり感が長く続きますね。今でも愛用しています。外出時にはチューブタイプのものを携帯しています。

 

塩水のお風呂 【オススメ♪】
エプソムソルト海水浴の後に乾癬が良化するという話を聞き試してみました。

 

お風呂に直接塩を入れると浴槽を傷めるし掃除が大変なので、僕は大きなクーラーボックスを購入しそこにお湯と塩を入れて即席温泉を作って手足を浸していました。

 

頻度は週2回。湯上り後に鱗屑の改善を実感しました。ちなみに塩はエプソム塩というのを使用していました。

 

石鹸とシャンプーはコレで決まり! 【オススメ♪】
低刺激シャンプー Dプログラム ヘア&スカルプ シャンプー入浴時の石鹸とシャンプーって何を使ったらいいのか迷いませんか?乾癬の上から石鹸でゴシゴシするのも大丈夫なのかちょっと不安ですよね。実は僕の場合、基本、石鹸は使っていません!お湯だけでも体は十分清潔になりますよ。

 

但し、脇や首筋、手のひら、足の裏、陰部など臭いの気になる部分は生活の質を確保するために養麗潤(ようれいじゅん)というアトピー患者用の低刺激石鹸を使用していました。

 

洗髪についてはお湯だけでは無理ですね。。。髪がバサバサになって気持ち悪いんです。なので最初は花王のキュレルを使ってみましたが頭の乾癬がバキバキになり痛くなってきたので怖くなって使用を中止しました。

 

次に試したのが資生堂のDプログラム ヘア&スカルプ シャンプーです。Dプログラムは資生堂の低刺激シリーズのブランドですが、これは中々快適ですね~リンスしなくても洗髪後の頭皮を柔らかいまま保ってくれています♪今でも愛用している一品です。

 

日光浴 【オススメ♪】
最低1日10分パンツ一丁でお日様の光にあたりましょう。それだけです。ジワジワと乾癬が小さくなっていきました。

 

とは、言うものの乾癬の体を人前にさらすのって抵抗がありますよね。なので僕はベランダをすだれで囲ってゴザを敷いて裸で寝そべっていました。また、車に自転車を積んで近所の河川敷まで行き、タンクトップ&短パンでサイクリングなんかもしました。自転車で走っていれば乾癬なんて見向きもされませんよ。

 

今でも日光浴は大好きです。冬はどうするのかって?暖房の効いた部屋の中で裸になって光の射す窓際に座ればいいのですよ。

 

ナローバンドUVB照射機 【微妙~】
ナローバンドUVB照射器機ナローバンドUVB治療を知っていますか?乾癬患者数が多い欧米では自宅でNB-UVB照射できる機械が普及しているそうです。

 

と、いうことで個人輸入してみました。高かったです。6万円位しました。

 

光を至近距離から30秒程度照射するのですが、僕の乾癬の面積に比べて紫外線の照射面積が狭く全ての乾癬部に照射するのに2時間近くかかってしまい次第に使わなくなりました。効果はある気がしますが日光浴で十分かな。

 

タール成分含有の乾癬治療剤MG217 【無理~】
MG217ゲッケルマン療法って知っていますか?コールタールを乾癬部に塗る治療法です。

 

と、いうことで家庭でゲッケルマン療法みたいなもの(笑)が試せるMG217を購入してみました。

 

ひとまず、目立たないところにある小さな乾癬で3日ほど試したのですが、とにかく臭いが強烈で(ガソリンみたいな臭い)頭が痛くなり断念。効果の程は不明です。

 

もしかしてこの臭いに耐えれる人には効果あるかも!?もう使うことはないMG217が部屋にたくさんあります(笑)

 

アピットジェル 【ダメ~】
アピットジェル敏感肌用のローションです。お風呂上りに塗ってみました。やや滲みる感じがして僕には合わなかったです。

 

もともと、乾癬治療に用いるものではありませんのでダメモトで購入してあっさり自爆というパターンです。

 

100%スクワランオイル(深海鮫の肝油エキス) 【ダメ~】
スクワランオイルお肌をしっとりと保つスクワランオイルを試してみました。塗った瞬間は良い感触がありましたが、しっとり感が持続せずヒリヒリしてきました。やはりワセリンが一番良いです。

 

日常生活を快適にするために・・・

チュビファースト 【オススメ♪】
チュビファースト見ての通り管状の包帯です。好きな長さに切って使えます。

 

出社前に乾癬部にワセリンをたっぷり塗ってチュビファーストを両手足にはめて終了です。

 

チュビファーストは伸縮性があるので手足にぴったりフィットして落屑を大幅に防いでくれます。やさしく洗濯すれば数回は使いまわしも可能です。僕は腕用、脚用に太さのちがう2種類を愛用していました。

 

【悪い例】こんな精神状態の方は乾癬を克服できません

乾癬の治療で大切なのは、患者さん自身が「絶対に克服するぞ!」という気持ちを強く持つことです。

 

「特効薬がありません」「一生治ることはありません」と医師から告げられると、目の前が真っ暗になることでしょう。しかし、治らないものと諦めてしまっては、病気に立ち向かうことはできません。自己治癒力こそ最高の名医で、それを高めるには絶対に克服できるという信念を持つ必要があるのです。

 

西洋医学では治らないとされている乾癬ですが、食事療法をはじめとした当サイトで紹介した方法によって劇的に良くなったという患者さんは多いです。ただ、自分自身で病気に立ち向かう姿勢がなければ、治るものも治りません。

 

乾癬を克服できない典型的パターンのメール以下の例を見てみましょう。先日、当サイトで紹介している和田さんのメール講座読者から以下のようなメールが届いたそうです。 非常に残念なメールですがあえて紹介しておきます。

 

************

(以下、原文ママ) 初めまして。

お買い求めですか? 勿論病気は克服したいと思っていますが、ここ数回のメールを見てでの勧誘ですか?

 

とてもじゃないですが、その気になる内容ではありません、儲け主義で舐めてますか? ここ数年のメールは誰でも言える内容です、そんな情報であなたには必要な…なのですか?

 

ふざけるのもいい加減にして下さい。 (ここまで)

************

 

この方は一体何を期待していたのでしょうか? きっと、彼は「3日で乾癬を消し去ることができるウラ技」のようなものを期待していたのでしょう。3日で乾癬を消したければ副作用たっぷりのバカ高い薬を一生使い続けてくだされば結構です。

 

乾癬を克服する裏ワザなんてありません。

乾癬克服に重要なのは極々シンプルな誰でも知っているような方法をどこまで本気でガムシャラに取り組めるかにかかっています。実際に乾癬を克服した僕が言ってるのですから間違いありません。

 

残念ながらこの方は乾癬を克服するチャンスを逃してしまいました。

恐らく彼は不満を言うばかりでなにひとつ実行していないでしょう。誰でも言える内容のことですら彼はやっていないのです。行動しなければ乾癬は克服できません。

このような精神状態の方は一生乾癬に苦しむことになるでしょう。

 

とにかく何か新しい行動を起こさなければ今の状態から脱出することはできません。口先ばかりでなにも行動しない患者さんよりもたとえ三日坊主であってもとにかくチャレンジする患者さんの方が乾癬を克服できる確率は100万倍高いです(笑)

 

いろいろな治療法を試して裏切られてきた人なら 「本当に効果があるのだろうか?」と不安に思うかもしれませんが、それではせっかくの自己治癒力も半減させてしまいます。

 

僕がこのサイトで紹介している方法は過去にあなたもやったことがあるかもしれません。ではなぜ僕は良くなってあなたは良くならないのか?答えは簡単です。僕とあなたでは同じコトをしているつもりでも細かな部分で「やり方」が違っているのです。(信じることができないと、ついつい自分にラクな方法にアレンジしてしまいがちなんです)

 

そうしたことから、実際に乾癬を克服した人の体験談を聞くなどして乾癬克服方法に対する良いイメージを持てた後にチャレンジするのが良いでしょう。(そういう意味ではこのサイトの存在意義は大きいと思っています)

 

乾癬克服に挑戦すると、乾癬歴が長い人,細胞の若い若年層,薬物の使用量が多い人などでは、リバウンドが起こることもあるといいます。僕もそうでした。

 

リバウンドとは、治癒過程で一時的に症状が悪化する現象です。目に見えて悪化するので食事改善などへの不信感がでてくるかもしれませんが、リバウンドの原因は食事改善ではなくあなたが今まで大量に使ってきた薬にあると理解すべきです。

 

リバウンドはこれを乗り越えれば乾癬を克服できますと体がシグナルを発しているのです。そのまま継続することで、2ケ月~6ケ月ほどで徐々に良好な状態へと変化していきます。

 

 

乾癬が寛解したあとはどうすればいいのか?僕はこうしています

乾癬がなくなったからといって元の食生活に戻すと必ず再発すると断言できます。乾癬は完治することはないと思っておくべきです。今の僕はこんな風に乾癬をコントロールしています。

 

食事療法は基本的に継続

今でも和田さんの教えに従った食生活を継続しています。但し、外食の際には肉類や菓子・ケーキなども食べています。外食後は乾癬が出現することもあるのですが、いつもの食生活にもどせば症状は治まっていきます。

 

ワセリンの塗布

僕の場合、冬場にひじ・ひざに乾癬が出現するのですが(おそらく日光にあたる時間が少なくなるためだと思います)、患部にワセリンを塗って乾燥を防いでいます。

 

日光浴

一人で家にいる時はTシャツ&短パンで過ごし、肌に紫外線を浴びるようにしています。冬でも過ごしてます!これくらいしないと乾癬は良くなりません。僕はもう苦しみたくないのです!

 

 

データベース:僕が使ったアイテム一覧

 

優先順位 名称 価格 URL
1必須 乳酸菌サプリメント 2350円 https://www.shop-fujicco.com/ex/
2必須 自力で治す乾癬治療マニュアル
(当サイトで50%オフクーポン配布中)
9800円 http://koku-huku.com/
3必須 白色ワセリン 599円 http://www.amazon.co.jp/white_petrolatum/
4 低刺激シャンプー 1620円
5 発芽玄米 780円
6 エプソム塩 1200円
7 チュビファースト 2149円
8 100%有機レモン果汁 918円
番外 ナローバンドUVB照射機 65000円
番外 MG217 4200円

 

このサイトの活用法

このサイトは僕が実際に行った乾癬の症状を好転(寛解)させ、乾癬と上手に付き合っていく方法を公開しています。完全に乾癬が出なくなったわけではないですが、医者に治療もいかず、薬にも頼らず、かれこれ3年症状をコントロールし、海水浴や、温泉、風俗(笑)なんかも今では楽しめるようになりました。
 
ナゼ乾癬が良くなるのかなんてどうでもいいです。必要なのは行動すること!僕と同じコトをすれば多くの人が乾癬を克服できるのではと思っています。

 

サイト管理人どんなことでも僕に相談してください!

 

相談・質問は下のコメントから

 

乾癬が良くなれば人生がかわります。僕は20年乾癬に苦しみました。あなたは乾癬を患って何年たちましたか?10年?20年?30年?

 

たった3ヶ月頑張れば克服できるかもしれないのです。強い意志をもって医者に頼らず自分で克服する決断をしてみませんか?

 

あなたが心の底から乾癬を克服したいと思っているのなら、僕は全力であなたの乾癬克服をサポートします!

 

サイト管理人 マコト

 

 

僕の師匠(笑)!自力で乾癬を克服した和田さんが乾癬克服ノウハウをメール配信

 

和田さんは僕がお手本にした人です。 やるかやらないかはあなた次第ですがやって絶対ソンはしません!

 

登録で「自力で治す乾癬治療マニュアル」50%オフクーポンがもらえます

 

パソコンからのメールを受信できるメールアドレスをご利用下さい。携帯電話会社のアドレスで受信できない場合、Gメールやヤフーメールなどをご利用下さい。


*は入力必須です。

 

 

 

お名前(ニックネーム可)* 
メールアドレス* 

 

 

※このサイトは元乾癬患者の実体験をもとに
皮膚科専門医の監修の下、記事をチェックしています。

中村皮膚科 中村医師
この記事の監修:中村皮膚科 中村医師

 

 

 

コメントは23件です

  1. たか より:

    5年付き合っている彼氏が乾癬です。治ってはぶり返しています。

    治すために、毎日日光浴に誘い、乾癬にも良い食事をつくるなど、サポートしたつもりでした。そして一時期ほとんど症状は見られないほどになっていたのですが、私の親が入院するなど、彼に構えなくなると、彼は始めると言っていたバイトもせず、毎日だらだら朝起こしても結局二度寝して昼に起き、散歩に誘っても悪態をつき。夜までものすごく悪い姿勢でTVを見たり、本を読み、やめた方がいいと言っても聞きませんでした。

    その結果じわじわと乾癬が復活。乾癬を言い訳に何もしない日々が始まり、私も嫌気がさしています。乾癬が復活したのは自分の不摂生なのに、私のせいかのように言われ、親のことで悩んでいても、鬱陶しいと言われます。怒りすら感じます。

    このブログを見ていて、本人の意志の強さが一番重要との言葉、突き刺さりました。サポートしたいと思っていましたが、一人でやってもらう方が本人のためなのでしょうか。しかし、私すら居なくなって、もっとひどくならないか心配です。もうどうしたら良いのか。

    私は彼に健康でいてほしいのです。私自身のエゴは承知ですが、やっと治っても、本人がだらだらと生きるのにうんざりして、もう勝手にしろと思います。私が規則正しい生活について話してみても、それは関係ない、要は食事だからと反論されてしまいます。昼に起きて14時と21時に食事し、運動や日光浴もやらない。これでは食事を律する意味が半減するのでは?治す気ないやろ!と怒鳴りたくなるのを我慢して、彼をもう一度引っ張り上げるのに、私も私で家庭の事情など抱えており、しんどいです。

    自分の人生とは何か考えてしまいます。もう大人。各々自己責任で生きるべきではと思います。しかし、彼は乾癬で、大変だと思います。私は彼を見捨てて良いのか…。ごめんなさい。愚痴を言ってしまって…。私のせいで治らないのでしょうか。もうわかりません。

    • 管理人マコト より:

      今の彼の状態であれば、たかさんがいてもいなくても乾癬は悪化し続けると思います。もちろんそれはたかさんに責任があるわけではないです。

      彼は乾癬患者であることにある種の居心地のよさを感じているのだと思います。働きに出て規則正しい生活をするくらいなら乾癬患者のままで良いと思っているのです。甘え以外のなにものでもありませんね。このようなタイプの患者さんとは僕は一切付き合いたくないです。

      多くの乾癬患者が大変辛い思いをしているのは事実です。だけど僕は乾癬患者だからといってその人を特別扱いはしません。乾癬だろうがなかろうが、僕はその人をひとりの人間として接したいのです。

      彼のことを乾癬患者としてではなく、ひとりの人間として見てください。そのとき、たかさんの眼には彼がどのような人間に映りますか?たかさんが彼のことを乾癬患者というフィルターを通してみている限り、彼の甘えは治らないでしょう。僕がたかさんの立場なら、彼からは手を引きますね。

  2. ブルー より:

    マコトさん、初めまして。
    12年ほど前より主人が乾癬と診断されました。その後こどもができましたが、アトピーと診断されています。現在7歳です。最近こどもが頭を掻きはじめて、今までは痒がらなかった部分なので遺伝の不安があります。
    食事について、私が気をつけてあげたいですが、成長の段階、取らないようにするのも不安があります。まだ乾癬の症状がはっきり出てないように思いますが、サプリやノウハウはこどもにも可能なものでしょうか。こどもに関しては私がしてあげなければならないので何かしてあげたいと思っています。

    • 管理人マコト より:

      このサイトでお話している方法は年齢に関わらず効果があると僕は確信しています。
      個人的な考えですが、アトピーや乾癬は遺伝ではないと思います。
      生活を共にする親子は食生活が似通ってしまうため、子供にも親と同様の症状が現れるのではないでしょうか?

      子供は体格が小さいので体内毒素の許容量も当然小さいです。
      排便は体内毒素排出の最も有効な手段です。
      お子さんは、毎日決まった時間に正常な排便はありますか?
      正常な排便とは以下の通りです

      1.形状はバナナ型(いわゆる1本グソと呼ばれるもの)でスルっと出る
      2.色は黄土色
      3.ニオイはきつくなく、便の硬さは均一
      ※もし、便が水に浮く場合、脂肪過多の便です。つまり食事に脂質(=毒素)が多すぎる証拠です。

      正常な便が毎日出るように腸内環境の改善を行うべきでしょう。

  3. 元さん より:

    義理の息子(30歳後半)が20歳頃から「尋常性乾癬」を毎月皮膚科で高い薬代(詳細は承知していないがステロイド等々)を支払い治療を続けているが効果が見られない。
    「結果はどんどん悪化している」現状です。

    彼は「毎日ビール派、特に辛いものが好きで普通の人が痺れるぐらいの香辛料を平気で食します」香辛料を控えるように何度も伝えましたが、、、、

    強い香辛料、アルコールは「尋常性乾癬」には大敵ですね。そうであればこの機会に「アルコール、強い香辛料」を控えるように管理人様からのご意見を彼に見せて自覚を促したいので是非コメントをいただきたいです。

    • 管理人マコト より:

      まず最初に言っておきたいのはステロイドは乾癬を治療する薬ではありません。
      こんなもので乾癬は治りませんので。

      ステロイドは生活の質を確保する目的で乾癬の症状をコントロールするために使うものと理解してください。
      ステロイドで症状をコントロールしている間に、腸内環境の改善を行って乾癬からの脱出を図るのです。

      長年、薬を使っているのに悪化する一方の患者さんは、薬を使う以外になにもしていません。
      それじゃあ、良くなるわけないです。

      乾癬に刺激物、アルコールは大敵です。
      本気で乾癬を克服したいのであればやめるべきでしょう。

      ところで、その息子さんは、乾癬から脱出したいと心の底から願っているのでしょうか?
      僕にはそのようには見えません。
      「ビールを辞めるくらいなら乾癬のままでよい」と思っているのではないでしょうか?
      現状で悪くなる一方ならば今のままの生活を続けて良くなる可能性はゼロです。

      乾癬は薬や医者に治してもらう病気ではありません。
      自分で治す病気です。
      薬に頼る今の生活に慣れてしまい、どんどん悪化している状況から逃げ、
      自分で乾癬と戦う気力のない方は一生乾癬に苦しむことになるでしょう。

  4. トミ より:

    初めて、拝見させて頂きました。
    84歳の父が1年程前から尋常性乾癬と診断されて、色んな治療方法を試しているところです。このサイトを見て、とても参考になりました。特に食事に関して勉強になりました。
    ありがとうございました

    • 管理人マコト より:

      コメントありがとうございます。
      食事改善は乾癬克服の最重要事項です。すぐに効果が実感できるわけではないので継続することが必要です。
      また、お酒、タバコをやられているなら、量を減らす努力をしてみてください。
      このサイトでお話している全てをいきなり実行するのは大変ですので出来ることから始めてみましょう。

  5. ヒサミツ より:

    乾癬マニュアルを申し込もうか迷っている者です。
    費用の面で教えて欲しいです。
    マニュアル購入後、あとから色々お金がかかるのではと心配しています。
    管理人さんはマニュアル購入後どれくらいの費用が必要でしたか?

    • 管理人マコト より:

      ヒサミツさんはじめして。
      マニュアル購入後の費用は、心配するほどかかりません。
      なにか高価な薬や機器を使うわけではありませんので。
      もちろん、後から色々セールスされるようなこともなかったです。

      とりあえず、乳酸菌サプリは必須です。
      最初の5日間で「腸内リセット」を行うのですがこのときに必要になります。
      あとは、ワセリンですね。

      あえて言うならこの2品の購入費用は準備しておいた方が良いと思います。

  6. がら より:

    はじめまして。10年以上前に発症し、現在は治療もやめてしまっていました。

    仕事柄夜勤が毎月10回程度あり、付き合いのため飲酒もあります。どうしてもこれだけは仕事柄避けられない状態です。

    こんな状態でも効果はみられますか?医者はあまり信用していません。塗り薬の処方だけで毎月かかる出費に対しての効果は得られませんでした。文脈なく申し訳ないです。

    • 管理人マコト より:

      がらさんはじめまして。
      「効果の有無はやってみないとわからない」が、答えになります。

      ただ、僕が気になるのは、「付き合いのため飲酒が仕事柄避けられない」となぜ決め付けてしまうのでしょうか?
      僕には「お酒をやめる気はないが乾癬は克服したい」と言っているように聞こえます。
      できない理由を探すのではなくどうすればできるかを考えるべきだと思います。

      乾癬を良くしたいと心の底から思っているのであれば、家族・友人・仕事仲間・取引先などに自分の病気を理解してもらうことが必要です。
      周りの理解と協力なくして乾癬が寛解することは難しいと思います。

      本当に飲酒が避けられない状況などないと思います。
      乾癬を克服できる人はこんなマインドを持っている人です・・・飲み会に出席しても自分は水とサラダ以外は口にしない人

      乾癬を克服するには今までやってきたことを「変える」必要があるのです。
      もし、がらさんが飲酒をやめることができれば克服の可能性は一気にアップするでしょう。

  7. テルミ より:

    はじめまして 乾癬歴30年の主婦です。
    20才頃から皮膚で悩み 病院を渡り歩き 10年前に、乾癬が判明しました。
    というのも、私は皆さんのような 赤い発疹が全身に出たのは数回で
    主に 陰部、お尻の割れ目、脇、鼻の穴、耳の中と付け根、頭皮、爪の甘皮部分です。
    初期の頃は 婦人科で皮膚に菌がないから皮膚科をすすめられ 皮膚科では婦人科へ行きなさい とか アトピーとか 酷い医者では 変な病気を移されたんじゃないの? といはれたこともありました。
    その間、部位別にそれぞれ受診してきました。
    10年前、女性の医者が なかなか引かない頭皮湿疹を検査して乾癬が判明してからはチガソン数年間続けましたが その病院が3時間待ちなので 近場の病院で診てもらって
    落ち着いているようなので 暫くはチガソン無しで5年が経ちます。
    ここ5年位は全身、頭皮,陰部も症状がなく 爪、耳だけでだまし騙し耳鼻科治療で過ごしておりました。
    ですが、ここ数ヶ月前からは 今まで治まっていた 全ての部位(全身の湿疹はでていませんが)が 悲鳴を上げております。
    私の場合は 粘膜が異常に弱く 鼻に至っては 風邪で鼻をかみまくっていたら 血管が3本切れて 鼻血が止まらないなかでの 焼灼術で麻酔効かずで泣き叫ぶ有り様 それからもあまり目に見えて良くならず 、、、。
    陰部も変な汁が出て 痛痒いし、臭くて 寝られません。

    長くなりましたが こんな皆さんとは違う症状の 粘膜が弱い私でも ノウハウが効果ありますでしょうか?
    管理人さんは どう思いますか?
    アドバイス頂きたいです。

    • 管理人マコト より:

      テルミさん、はじめまして。
      結論から先に言うと、乾癬が出現する部位に関わらず和田さんのノウハウは効果があると思います。

      ただ、和田さんが公式サイトでおっしゃている通り、ノウハウは尋常性乾癬の方を対象としたものです。
      よって、テルミさんが滴状乾癬や膿庖性乾癬など、他の乾癬である場合、どこまで効果が現れるかは未知です。
      (個人的にはそれでも効果はあると思いますが・・・)

      乾癬は良くなり悪くなりを繰返しながら、何十年という長いスパンで見ると悪化する方向へ向います。
      今までと変わらない生活を続ける限り乾癬が寛解することは難しいと思います。
      なにか新しい行動を起こすべきタイミングが今なのではないでしょうか?

  8. CatMom より:

    初めまして。
    数ヶ月前からお腹を中心に皮がボロボロ剥け始め、一体なんだろう?と思って検索していたら、このサイトにたどり着きました。
    今のところ乾癬かどうかはわからないのですが、主な症状は日焼けの後のように皮が剥けることで、剥けた部分は少し赤くなっているところもありますが、普通の肌色の部分もあります。
    40代、女性ですが、このような症状が出たのは初めてです。
    顔や手足は何ともありませんが、上腹部から下腹部、脇腹などに症状が出ています。
    これは乾癬でしょうか?
    来週別な用事で病院に行く予定で、その際に先生にも訊いて見ますが、もし管理人様の経験上、何かご存知でしたら教えていただけると幸いです。

    因みに、一年前から既に糖質制限は始めており、プロバイオティックも摂取していますが、先週食事会があって、ワインをグラス一杯とパスタを少し食べたら、症状がひどくなった気がします。

    • 管理人マコト より:

      はじめまして。
      私は医者ではありませんので残念ながらそれが乾癬なのかはお答えすることができません。どんな病気であっても数ヶ月間放置しているのはよくないです。すぐにでも専門医を受診するべきです。
      もし、乾癬の場合は当サイトの情報はきっとお役に立てるかと思います。その際にまたご相談下さい。

  9. あんこ より:

    和田さんのノウハウを実践中です。
    軟膏等は一切塗らずにいますが、痒み(夜間無意識の時間)が辛くて悩んでいます。
    昼間はだいぶ痒みをコントロール出来るようになったのですが、寝てる間に掻きこわし、ケブネル現象で悪化中です。
    痒み止めの内服薬を飲んでも効果なしです。
    場所が胸~お腹周りのためガーゼ等で保護するのも難しく。

    何か良きアドバイス頂けたら助かります。

    • 管理人マコト より:

      こんにちは!無意識の内に掻き壊してしまっては折角の腸内改善も水の泡です。
      夜だけ軟膏(ステロイドでしょうか?)を塗るのもアリだと思います。この場合、和田さんのノウハウの準備編4-2-3の後半あたりがとても参考になります。

      ちなみに、和田さんのノウハウで忠実に実行すべきは実践ノウハウ編の1~3だと個人的には思います。あんこさんは忠実に実践されていますでしょうか?
      ここを自分のやりやすいようにアレンジしてしまうと他になにをやっても寛解は難しいと思います。
      実践編4以降は個々の乾癬の症状と生活の質とのバランスに応じてやるべきことを取捨選択すればいいと思います。

      乾癬克服は一進一退です。寛解を急いではいけません。
      僕はチャレンジャーだったので(笑)いきなり薬を断って3ヶ月で寛解させましたが、もし、もう一度同じことをやるなら、軟膏などを併用して生活の質を確保しながら根気よく寛解を目指すと思います。

  10. シャモニー より:

    少し元気が出ました。

    • 管理人マコト より:

      こんばんは!コメントありがとうございます。そう言っていただけるとサイトを運営していてよかったと思います。
      寛解までの道のりは決して楽ではないかもしれませんが、正しい努力を継続すれば必ず改善できます。
      毎日約200~300名の方がこのサイトをご覧になられています。苦しいのはシャモニーさんだけではありません。このサイトを通じて皆で寛解を目指すことができれば最高です!

  11. マダオ より:

    お酒は良くないのですか?

    • 管理人マコト より:

      マダオさんはじめまして。
      お酒は飲んではいけません。
      胃腸をはじめとする臓器に負担をかける食べ物・飲み物は免疫バランスを崩す原因です。
      乾癬を改善するには、まず胃腸を元気にすることを心がけたほうが良い結果が期待できます

乾癬でお悩みの方!コメント待ってます(承認後公開されます)

お名前

 

 

コメント